レタス播種のその後

3月1日に播種したレタスのその後の状況を報告します。

播種方法については、前回の記事「ナチュラルハート式レタス播種」をご覧下さい。

ビニールと毛布を被せていたセルトレイから、2日の17時ころ、ビニールを外しました。

播種したのが1日の9時頃ですので、一日半ほどビニールと毛布を被せていたことになります。

こちらは翌朝(3日朝)の写真です。根から毛根がビッシリと出ているのが分かると思います。

一日半ほど、高湿の状態だったことが毛根の発生に影響しているのではと思います。

こちらは全体の雰囲気です。ビニールを剥がすタイミングとしては、大体こんなところです。

ただ、ご覧のとおりまだヒョロヒョロで軟弱な状態ですので、乾燥にはとても弱いです。乾燥するとすぐに枯れて消えてしまいますので、ハウスの中などで育苗する場合は、高温に注意して、乾燥する前に霧吹きなどで保湿するよう注意してください。

あと2~3日すると、小さな双葉が開いて、根もしっかり土に活着して安定してきます。

苗の管理ですが、ハウスの中で日中は高温にならないようハウスの横を開閉して温度調節しつつ、乾燥にも気を配ります。

こんな感じで、自作の育苗台の上に断熱用の発泡スチロールを敷いて、その上にセルトレイを並べます。青く見えるのはダンポールです。

青い色で大天使ミカエルのプロテクションを・・・

・・・じゃなくて、少し寒くなってきたら、下の写真のように「ビニールを被せて保温するためにダンポールを挿しています。

日がかげってはいるものの、まだ明るさがある時間はこうして保温しつつ、日光のエネルギーも送るようにします。

そして夜間は、更に保温のために、使わなくなった毛布などを被せます。

そして翌朝は、また毛布とビニールを剥がします。

要は、その日の天候や気温、風の吹き具合などを考慮しつつ、ハウスの横の開閉と、ビニールを被せたり外したりしながら、また乾燥や過湿にも気を使いながら、苗の生長を見守ります。

温床に入れずに育苗する野菜の管理はざっとこのような感じです。

そういえば今日、温床の仕込みも終わったので、温床に入れる苗の管理もまた機会があれば書きたいと思います。

ありがとうございました。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」
ブログ:佐藤栄一 自然栽培から宇宙の真理の紐解く

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

ナチュラルハート式レタス播種

いよいよ3月に入りました。例年ですとやっと畑の土が融け始め、そろそろトラクターで耕運ができるかな~という時期ですが、今年は暖かい日が多く、1日というのにすぐにも耕運できそうな雰囲気になっています。

さて今日は、

「ナチュラルハート式レタスの種の蒔き方」を大公開です^^

まあこれも技術と言えば技術なのかもしれませんが、自分が農業を行っていく中で、色んな情報を引き寄せた中から、自分なりにアレンジしてただ今行っている方法に過ぎません。技術は自分の見方や思いが変われば変わると思っていますので、あくまで今のやり方ということで紹介します。(よろしければ、こちらの「自然栽培のこと」というブログも併せてお読み下さい)

まず土(育苗土)は、畑の隅に積んであった残渣(刈った草、野菜を収穫した残り、温床の残りなど)をふるいにかけて利用しています。これらの残渣は外に雨ざらしで2年ほど積んでおくと、土中生物の働きによってこのような立派な土になり、野菜の苗を育てるのに最適な土になります。

このふるった土を、72穴のセルトレイに入れます。水はけを良くしたい、土のカサを増やしたい等の場合は、籾殻くん炭を追加するのも良いです。私の場合は土の状態にもよりますが、最大で「土:くん炭」が「2:1」ほど入れることもあります。

で、この土に先に水をやります。水は川から引いている用水路に流れる水を使っています。私の畑では、幸いなことに畑やハウスの横を大きな用水路が一年中水を供給してくれているので、水に困ることはありません。用水路が無い場合は水道水でも良いのでしょうが、水道水に含まれる塩素などが、土中の微生物に与える影響を考えると、可能であれば自然の水を使いたいなあと思います。ミネラルもたっぷりですし^^

このように、セルトレイの中の土にたっぷりと水を含ませます。

そしてこちらは予め(2月22日に)タッパーに敷いたキッチンペーパーに水を含ませて、その上に種を蒔いたものです。今朝までずっと冷蔵庫の中で芽出ししていました。

ちょうど芽(というか、本当は根なんですが)が、種の皮と同じくらいの長さに延びています。このくらいから、種の皮の倍の長さくらいまでが蒔き時だと思っています。

冷蔵庫の中で芽出しする理由ですが、暑い時期であればレタスの種は休眠に入るので、その休眠を打破するために冷蔵庫で芽出しをするのですが、この季節はそういう目的ではなく、温度が一定の場所ということで冷蔵庫を使っています。

また、農業関係の本によると、「レタスは光好性なので、薄く土を被せて日光に当てて芽出ししましょう」とか書いてあると思いますが、冷蔵庫の中で問題なく(ほぼ100%)発芽しますので、気にしなくて良いと思います。発芽率が低いとしたら、おそらくは種採りに問題があるかもしれません。

先ほど、たっぷり水を含ませたセルトレイの土に、割り箸などを使って浅い穴をあけます。深さは適当ですが5mmくらいでしょうか。

そしてその穴に、芽出ししたレタスを1つずつ、ピンセットで播種していきます。

こんな感じです。芽(というか根)は脆いので、折れないように優しく扱ってください。種の皮の部分は取れてしまっても問題ありません。また根を無理に土の中に挿そうとしなくても、そっと穴の中に置いておくだけで大丈夫です。いずれこの根から毛根が生えてきて、それが自分で土の中に入って行きますので、根がそっと土に触れていれば問題ありません。

1トレイ分、全て蒔き終えたら、ビニールトンネルやハウスのビニール材の切れ端などを丁度良い大きさにカットして、このトレイの上に被せます。これは土に含ませた水分の蒸発を抑えるためです。またこれによってかなり高めの湿度が保たれるので、根から毛根が活発に出てくる効果もあるようです。

因みにこのトレイは自作の育苗台の上に、断熱用に発泡スチロールを置いて、その上に乗せています。まだまだ寒いので、下からの冷気を遮断するための断熱は是非行いましょう。

そして上には、使わなくなった毛布などをかけて、日中の断熱と夜間の保温を行います。

ビニールが被っているのに熱は大丈夫か?と思われるかもしれませんが、厚めに毛布をかけていれば、レタスの種がダメになるようなことはありません。ただ、ハウス内は日中開閉しますので、時折突風が吹いて毛布が捲れてしまいビニールが露出すると、種が焼けてしまいますので、毛布が絶対に飛ばされないような工夫(写真参照)は必須です。

あと、このビニールを取るタイミングは、種の根が土に活着して、茎が少し立ち始める頃です。大体1日~2日ほどでしょうか。このタイミングが遅いと苗が徒長してしまい、その後の生育に影響が出ますので注意して下さい。このブログでも余裕があれば紹介していきます。

レタスは種が小さく繊細なため、発芽に苦労されている方が多いかもしれませんが、この方法で行うと、ほぼ100%苗が出来て無駄がありません。是非お試し下さい。

試してみた方、是非結果をこのブログのメッセージに書いてみてください。

また、「こんな方法もあるとよ」という情報も大歓迎です。よろしくお願いします。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」
ブログ:佐藤栄一 自然栽培から宇宙の真理の紐解く

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

温床用の落葉集め

少し更新の間が空きましたが、充電完了しました 😉

1月はゆっくりと自分と向き合い、自分の好きなことや、やりたい事などを考えて過ごしました。

そして1月最後の日、ピーカンの青空の下で今年の農業始動です!!

ほぼ、今年最初の野良仕事は、温床を作るための落ち葉集めです。ほのぼの農園の畑の周辺を走っている農道に溜まった落ち葉をかき集めます。

落葉は風で道路脇に吹き溜まり、そこに堆積してるのですが、アスファルトの上にも関わらず、長い間そこに有機物である落葉があると、それを分解しようとする菌が活躍を始めます。今日、道路際をカリカリと掃いてみると、下の方は落葉が少しずつ土になりかけていて、鼻にツンとするような発酵臭がします。この状態の落葉には、有機物を分解してくれる菌が沢山いるので、温床にすると良く発熱してくれる期待が持てます。とても良い状態です :mrgreen:

今日はこれをせっせと軽トラ4杯分集めました!

最終的にはこの倍くらい欲しい所ですが、何しろ久しぶりの野良仕事なので、あまり無理をせずに適度な所で今日は切り上げました。

去年までは、「今日は落葉集めをする」と決めたら、出来るだけやって一日で終わらせる勢いでガツガツやってました。でもそうすると何か楽しくないんですよね。やらなきゃという気持ちが強く出て、せっかく楽しい野良仕事がつまらない労働になってしまうんです。

それで、今年は適量というか、自分が心地良い範囲で野良仕事をすることにしました。嫌になる手前で止めておけば、また明日もやろうという気力が出ますし、空いた時間に事務仕事や、家仕事も出来ます。1つの仕事に集中してそれが終わってから次の仕事をするよりも、幾つかの仕事を並行して進める方が気分転換にもなって、効率も良いようです^^

この集めた落ち葉を使って、2月末頃に「踏込み温床」というモノを作って、その発酵熱を利用して夏野菜の苗を育てます。詳細はその時にまた記事にしたいと思います。

それから、今年は自分の制限を取り払って、今まで出来ないと思ってチャレンジして来なかった新しい事にも色々チャレンジしてみるつもりです。

今日も有難うございました。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

オンリーワンを目指して(麦わら工房編)

「何かこれ良いかも」とか、「これ楽しそうだな、面白そうだな」という直感って、本当の自分を生きる上で大切にしたいなと思います。その後から色々と頭で考える事は、時間だとか手間だとかコストだとか利益だとかの邪念が入って来ますが、最初にピンと来た直感はもっとピュアで自分の心の声そのものの様な気がします。

麦わら工房ナチュラルハートの麦わら細工は、佐藤享子のそんな「これ楽しそう、これやりたい!」という直感から生まれました。

2016年の春に本当に綺麗な麦わらが育ちました。

「これを使って何かやりたい」という気持ちから、「そうだ!、ヒンメリを作ろう」になって、あっという間に「麦わら工房ナチュラルハートのヒンメリ」が生まれました。

ヒンメリについての説明は、「麦わら工房ナチュラルハート」のWEBページをご覧下さい。

私達のヒンメリは、肥料も農薬も一切使わない自然栽培で育てた自家製の麦わらを100%使用しています。この麦わらを天然の糸で、作家の佐藤享子が1つ1つ繋いだ手作りのヒンメリです。製作には集中力が必要なため、一日に数個しか作れないとても希少な作品たちです。(作品の大きさによっては数日で1つという事もあります)

ヒンメリは正八面体を基本として、それらを様々な大きさや形で作り、自由な発想で繋げて、幾何学模様の形を作り上げて行くのですが、初めからねらって作るというよりは、手が勝手に動いていって作品が仕上がるという感覚だそうです。ですので、毎回出来上がる形は、作者の個性と感性が反映されたモノになります。

私達のヒンメリは、畑の土を育てる所から始まって、麦を蒔いて、収穫して、麦わらをカットして、ヒンメリに仕上げるところまで全て自分達の手で行っています。もちろん自然栽培です。

また、最近新たにマカバが加わりました。メタトロンキューブとも言われる神秘的な形です。こちらの製作には更に集中力が必要だそうで、1日に1つしか作れない更に希少なモノです。なかなか麦わらでこのマカバを製作販売しているのは珍しいのではないでしょうか?

どちらもナチュラルハートのヒンメリ通販のページに掲載していますので、よろしければご覧下さい。

今日もありがとうございました。

佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

オンリーワンを目指して(農業編)

人も組織も多様性があるから面白いし、他と違いがあるから自分(自分達)の個性が認識できるのだとつくづく思います。

このブログの趣旨である「本当の自分を生きる」も、一人一人が真の自分で生きることによって、他人との違いも明確になり、お互いがそれを認め合うことが大切だと感じています。

私が経営する「ナチュラルハート」は、

と、現時点では3つの部門から成っていますが、その全ての部門において、それぞれが唯一無二(オンリーワン)の存在でありたいと願っています。

今日はその農業部門である「ほのぼの農園ナチュラルハート」に関する個性をお話しします。

私達の農園では、肥料も、農薬も、除草剤も、有機肥料すらも使わずに、「自然栽培」という手法で野菜を育てています。これだけでもかなり珍しいですが、私達は更に種にこだわりを持ち、固定種・在来種と呼ばれる種しか使用していません。そして、こうして育てた野菜たちを、「お任せ野菜BOX」にして宅配で各ご家庭に定期的にお送りしています。つまりお任せ野菜BOXに入る野菜たちは全品自然栽培で育てた固定種・在来種の野菜であり、ここまで来るとかなり希少なのではないかと自負しています。

そして今年は更に美味しくて元気な野菜をお届けするために、各野菜のを捉えた生産はもちろんのこと、畝の立て方や、草の管理、畑の耕し方等を工夫して、それぞれの作物の根の成長が健全に行われることを重視した栽培を行いたいと思っています。

自然栽培」というと、何か特殊な農法(技術)と思われることがよくありますが、私は農法(技術)というよりは、自然栽培は「考え方や物の見方」であり、更に言えば「生き方そのもの」だと考えています。作物に対するその様な考え方や物の見方があるからこそ、「作物がこんな状態の時はこうしたらいいのではないか」という行動のアイデアが出て、それが技術になる思います。ですので、自然栽培はその生産者の生き方があって、それに伴って技術が生まれてくると考えます。

そう考えると、自然栽培の農産物は1つ1つがその生産者の個性を反映した唯一無二(オンリーワン)のモノと思えてとても面白く奥の深さを感じさせます。2017年も始まって半月が過ぎましたが、今年も自分の思いをたっぷりと乗せて、他の誰にも作れないオンリーワンの野菜たちをお届けしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

今日もありがとうございました。

佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

農業の楽しさ

今日は日中もずっと氷点下だったようで寒い一日でした。

寒いといえば、今日から「寒いほどお得フェア」が始まったようですね。朝10時の清里駅前の気温によって加盟店の割引率が決まります。因みに今日は50%オフだったようです。暫くは寒そうなのでねらい目ですね。

昨日の記事「私の思い」の中で、私が農業を続けている理由について書きましたが、その2番目の理由である「単純に農作業が楽しいから」という理由について、もう少し書き足しておきたいと思います。

私の畑は、中山間地の谷筋にあり、畑の形も綺麗な四角ではなく、細長く少し曲がった形をした畑が多いです。この写真のように、昔は棚田として使われた田圃ですが、今は耕作する人がほとんど居なくなり、私が借りて畑として使っています。

もう少し傾斜が緩やかで日当りの良い畑は、綺麗な四角い形に整備されて作業もしやすいため、大規模農業者が借りて同じ作物をどーんと大量生産して大量販売する農業に使われています。

ところが私の使っている集落の畑は、傾斜がきつくて、日当りもそれほど良くなかったためか、整備されることなく昔の棚田の状態のままです。そのお陰もあって、大規模農業者が効率的に農業をするには向いておらず、畑は自然な状態が残っていて、初夏にはホタルが舞う素晴らしい環境です。

かつては「高根のトマト」というブランドで、周りの農家さんもトマトを沢山作っていたそうですが、今は皆さん高齢化してほとんど畑に出てくる方はいません。ですので畑で作業をしていても、半径100m以内に人が全くいないというような状態がほとんどで、開放感が心地いいです。

そんな場所ですので、肥料も農薬も使わない「自然栽培」にとても適していて、自由に好きな農業を行うことができます。刈った草を積んでおくと、そこにカブトムシが卵を産んで翌年には沢山のカブトムシが出てきます。秋には空一面をトンボが飛んでいます。田圃に水が入ると、蛙の大合唱が聞こえて来ます。そこで、水の流れを聞きながら、鳥や虫の鳴き声の中で、土をいじって野菜を育てる仕事が出来るのは本当に幸せだなあと思います。

ただ今「ナチュラルハート」では、そんなお話をさせて頂く以下のスカイプセミナーを行っています。

「田舎への移住」と「新規就農」の経験談

ご興味があれば、こちらからお申込み下さい。

ありがとうございました。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

私の思い

1月も中旬に入り、寒い日が多くなって来ました。明日は予想最高気温が0度になっています。この地域は雪は少ないのですが、気温が低く畑の土が凍結するので1月、2月は畑仕事が出来ません。一年中農業が出来る場所も良いですが、オンとオフがはっきりしているこの場所が私は結構気に入っています。

今日はナチュラルハートの新しいWEBサイトにも記載した「私達の思い」の中から、私が農業を続けている理由を以下に抜粋してみたいと思います。

私が農業を続けている理由は主に3つあります。

1つ目は、自分達が美味しくて安心できる野菜を食べたいからです。その気持ちが私達を「自然栽培」と出会わせ、種も固定種・在来種に限定して農産物を生産しています。この様な野菜を口にすると心も身体も喜んでいるのが実感できます。

2つ目は、単純に農作業が楽しいからです。田舎の澄んだ空気の中で畑仕事をしていると、本当に幸せな気分を味わえます。実は就農から数年間は「頑張らなきゃ」という気持ちが強くて農作業を辛く感じることもありましたが、今は自分の気持ちと対話しながら「自分が心地良い範囲で、自分がやりたい事をやる」という事が出来るようになってきたので、幸せで楽しいの比率がとても高くなっています。

3つ目は、私達が育てた野菜を「美味しい」と食べてもらえることが嬉しいからです。特に「野菜嫌いだったお子様が喜んで食べてくれた」などのお話を聞くと本当に続けていて良かったと思います。

やはり、「自分がやりたい(好き)」を大切にしながら、心地の良く続けることが大切だと思います。その上で人に喜ばれる事ができれば、こんな嬉しいことはないですね。

今日もありがとうございました。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

 

農園の手書き看板

一週間ほど根を詰めてナチュラルハートのホームページを作ったので、今日は少し首周りに張りが・・・。今日はのんびりと過ごすことに決め、午後は小雪が舞う中、近所のカフェで昔のレコードを聞いてまったりしました。

ところで、「ほのぼの農園ナチュラルハート」のこちらの看板。

これは、ご近所に住む「フリーの図工の先生」で、「絵本作家」でもある俵裕子(たわらゆうこ)さんに板に直接書いてもらった手書き看板です。

生き物がたくさん居る命にあふれた畑と、土の中の元気な根っこを表現してもらいました。

私達の「自然栽培」のイメージとぴったり合ってて気に入っています。

マルシェに出店する時は、必ず持っていって掛けているのですが、お客さんの反応もとても良いです。「看板が良いですね~」とか、「かわいいっ」と言ってよく誉めてもらえますし、話のきっかけにもなるのでとても助かってます。

最近私の周辺には、このように自分の好きなことをやって生きている方がたくさん居ます。マルシェとかに出てくる自営業の方の多くは、ぶれない自分をしっかり持っている人ばかりで学ぶことが多いです。

私達「ナチュラルハート」も、ますます好きなこと、楽しいことを皆さんと共有できたらなあと思っています。

ところで、私は農業を始める前は、IT系のエンジニアとして一日中パソコンに向かって開発の仕事をしていました。それこそ朝の8時頃から夜の10時近くまでずっとパソコンの前で仕事していました。

今回、久しぶりに自分達のホームページ(技術屋のこだわりではホームページとは言わず、WEBサイトと言います^^)作りで1週間パソコンと向き合ったのですが、なんだか血が騒ぐというか、やっぱりこういう仕事も楽しいですね。農閑期にはこんな仕事も良いなと思っています。

ですので、近くの農家さんや、自営業の方で、「自分達のホームページ(正確にはWEBサイトです^^)を持ちたいけど、プロに頼むのはちょっと・・・」と思っている方が居ましたら、ご相談に乗ります。

私はWordPressというアプリを使って作っているので、それで良ければお力になれるかもしれません。この辺、よく分からない方も興味がある方はご相談下さい。

今日もありがとうございました。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ