思考というフィルター

先日の記事「感情の話」の中で、本当の自分を生きる(自分のモノサシで生きる)とは、自分の感情に素直に従って生きるという話を書きました。

ただ、これがやってみると難しいなあと感じるのですが、その理由は物心をついた頃からの親を主とした学校などのコミュニティからの「常識」という刷り込みがとても強いため、自分がそのコミュニティで生きていくために、瞬時に本当の自分の感情と異なる(世間的にOKな)答えを出しているためだと思います。

私はどちらかと言うと、周りよりも幼い感覚を持った子供でしたので、小学校4年生という幾分周りよりも遅い年齢まで、自分を素直に出せていたように思います。それまでは、「考える」ということすら意識せずに、感じたらすぐに行動するような子供でした。だから、思考という余計なフィルターによって感情を変換されずに、表現できていたのだと思います。

ところが、小学校5年生の時にそういう行動を学校で色々と注意されてから、「感じたことをそのまま行動に出したらいけないんだ」、「考えてから行動しなければいけないんだ」というような感覚が芽生えました。正に「思考というフィルター」を受け入れた瞬間です。

一般的にはもっと早い(小さい)時にそれに気付くのであまり記憶にないのかもしれないのですが、私はわりと大きくなってから気付いたため、その頃の経験がトラウマのように残っています。多分、注意されたことが恥ずかしかったために、その印象が強いのかもしれません。

だから、初めに感情で「これをやりたい」と思っても、瞬時に「思考フィルター」が働いて「こうした方が良いのではないか?」と問いかけ、「やっぱりそうだよな~」とその思考の方に納得してしまう自分が出てきます。これが本当に瞬間的に行われるため、この思考フィルターで処理された後の答えが自分の感情なのではないかと勘違いしてしまう事が起きます。これが私が最初に書いた、やってみると難しいということです。

ちょっと今回は抽象的な内容なので分かり辛いかもしれませんが、具体的にご自身の経験に落としてみると分かり易くなると思います。例えば「カフェに行って美味しいコーヒーを飲みたいという感情が出てきたときに、寒くてめんどくさいから家でインスタントコーヒーを飲もうという思考が勝つ」というような状況です。

で、そのような行動はある意味クセになっていて、条件反射的にやってしまいます。ところがそれを無意識にやっていてはいつまでたっても本当の自分を生きていることにはなりません。感情に従っていないですから・・・。

そこで、「本当の自分を生きる」ためには、この最初の一瞬出てくる自分の感情をキャッチしてあげられるように、ちょっとだけ意識しておくと良いと思います。そしてその後に否定的な思考が出てきても、自分の本当の気持ちは最初に出てきた感情だと気付くように意識していれば、段々と古いクセが取れて、自分の気持ちに素直に従って生きられるようになると思います。是非お試し下さい。

ありがとうございました。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA