レタス播種のその後

3月1日に播種したレタスのその後の状況を報告します。

播種方法については、前回の記事「ナチュラルハート式レタス播種」をご覧下さい。

ビニールと毛布を被せていたセルトレイから、2日の17時ころ、ビニールを外しました。

播種したのが1日の9時頃ですので、一日半ほどビニールと毛布を被せていたことになります。

こちらは翌朝(3日朝)の写真です。根から毛根がビッシリと出ているのが分かると思います。

一日半ほど、高湿の状態だったことが毛根の発生に影響しているのではと思います。

こちらは全体の雰囲気です。ビニールを剥がすタイミングとしては、大体こんなところです。

ただ、ご覧のとおりまだヒョロヒョロで軟弱な状態ですので、乾燥にはとても弱いです。乾燥するとすぐに枯れて消えてしまいますので、ハウスの中などで育苗する場合は、高温に注意して、乾燥する前に霧吹きなどで保湿するよう注意してください。

あと2~3日すると、小さな双葉が開いて、根もしっかり土に活着して安定してきます。

苗の管理ですが、ハウスの中で日中は高温にならないようハウスの横を開閉して温度調節しつつ、乾燥にも気を配ります。

こんな感じで、自作の育苗台の上に断熱用の発泡スチロールを敷いて、その上にセルトレイを並べます。青く見えるのはダンポールです。

青い色で大天使ミカエルのプロテクションを・・・

・・・じゃなくて、少し寒くなってきたら、下の写真のように「ビニールを被せて保温するためにダンポールを挿しています。

日がかげってはいるものの、まだ明るさがある時間はこうして保温しつつ、日光のエネルギーも送るようにします。

そして夜間は、更に保温のために、使わなくなった毛布などを被せます。

そして翌朝は、また毛布とビニールを剥がします。

要は、その日の天候や気温、風の吹き具合などを考慮しつつ、ハウスの横の開閉と、ビニールを被せたり外したりしながら、また乾燥や過湿にも気を使いながら、苗の生長を見守ります。

温床に入れずに育苗する野菜の管理はざっとこのような感じです。

そういえば今日、温床の仕込みも終わったので、温床に入れる苗の管理もまた機会があれば書きたいと思います。

ありがとうございました。


佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」
ブログ:佐藤栄一 自然栽培から宇宙の真理の紐解く

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA