オンリーワンを目指して(農業編)

人も組織も多様性があるから面白いし、他と違いがあるから自分(自分達)の個性が認識できるのだとつくづく思います。

このブログの趣旨である「本当の自分を生きる」も、一人一人が真の自分で生きることによって、他人との違いも明確になり、お互いがそれを認め合うことが大切だと感じています。

私が経営する「ナチュラルハート」は、

と、現時点では3つの部門から成っていますが、その全ての部門において、それぞれが唯一無二(オンリーワン)の存在でありたいと願っています。

今日はその農業部門である「ほのぼの農園ナチュラルハート」に関する個性をお話しします。

私達の農園では、肥料も、農薬も、除草剤も、有機肥料すらも使わずに、「自然栽培」という手法で野菜を育てています。これだけでもかなり珍しいですが、私達は更に種にこだわりを持ち、固定種・在来種と呼ばれる種しか使用していません。そして、こうして育てた野菜たちを、「お任せ野菜BOX」にして宅配で各ご家庭に定期的にお送りしています。つまりお任せ野菜BOXに入る野菜たちは全品自然栽培で育てた固定種・在来種の野菜であり、ここまで来るとかなり希少なのではないかと自負しています。

そして今年は更に美味しくて元気な野菜をお届けするために、各野菜のを捉えた生産はもちろんのこと、畝の立て方や、草の管理、畑の耕し方等を工夫して、それぞれの作物の根の成長が健全に行われることを重視した栽培を行いたいと思っています。

自然栽培」というと、何か特殊な農法(技術)と思われることがよくありますが、私は農法(技術)というよりは、自然栽培は「考え方や物の見方」であり、更に言えば「生き方そのもの」だと考えています。作物に対するその様な考え方や物の見方があるからこそ、「作物がこんな状態の時はこうしたらいいのではないか」という行動のアイデアが出て、それが技術になる思います。ですので、自然栽培はその生産者の生き方があって、それに伴って技術が生まれてくると考えます。

そう考えると、自然栽培の農産物は1つ1つがその生産者の個性を反映した唯一無二(オンリーワン)のモノと思えてとても面白く奥の深さを感じさせます。2017年も始まって半月が過ぎましたが、今年も自分の思いをたっぷりと乗せて、他の誰にも作れないオンリーワンの野菜たちをお届けしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

今日もありがとうございました。

佐藤 栄一(さとう えいいち)

ブログ:佐藤栄一オフィシャルブログ「本当の自分を生きる」

ナチュラルハートセミナー実施中です。

WordPressによるWEBサイト構築のご相談に乗ります。ブログのコメントからご依頼下さい。

ほのぼの農園ナチュラルハート 代表
日本野菜ソムリエ協会認定 ジュニア野菜ソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA