「真の自分で在り続ける」とは

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%abs真の自分で在り続ける」とは、本当に自分がやりたい事を選択して生きるということですが、その時に「本当に自分がやりたい事」の視点が自分のゴール(目的)に据えられているかどうかに注意が必要です。

ゴールに向かうための過程の部分でその都度「これは本当に自分がやりたい事か?」とジャッジすると往々にしてその判断を誤ってしまう可能性があります。

私の農業を例に挙げるならば、私のゴールは「消費者の方に喜んでもらえる本当に美味しい野菜を作る」ということになりますが、そこに到達する過程においては、

    • 機械を使わずに鍬で畑を耕す。
    • 通水性を確保するために溝を掘る
    • 炎天下の中で雑草の成長を管理する

といったきつい作業も当然あります。

それらの全ての作業がとても楽しい = 自分がやりたい事

の式が成り立っていれば全く問題はないのですが、自分のゴール(目的)に到達するための全過程が全て楽しいということはなかなか無いことで、そこで1つでも自分にとって辛いこと(=やりたく無い事)があった時に、この過程部分にフォーカスしてしまっていると、「これは本当に自分がやりたい事ではないのではないか?」と考えてしまい、「真の自分で在り続ける」生き方を貫くためには、これは止めるべきという判断をしてしまう危険があります。現に私はこれを勘違いしていました。

だけど良く考えてみて下さい。本当に自分がやりたい事はその過程部分を経験することではなく、自分が想定するゴール(目的)の状態になっている自分を経験することではないでしょうか?

私の例で言えば、「消費者の方に喜んでもらえる本当に美味しい野菜を作る」ことが出来る農家になっていて、実際に美味しいと喜んでもらっている自分を経験することが私の本当にやりたい事です。(勿論それによりビジネスも順調でとても豊かな状態になっています)

つまり、そのゴールの状態が自分の本当にやりたい事であるなら、そこに到達するまでの過程の段階においては、辛いことややりたくない事があったとしても、それは単にゴールへ到達するための障壁とみなして乗り越えていく覚悟と行動が必要であり、それが「真の自分で在り続ける」という生き方であると考えます。

山頂へ辿り着くための登山ルートが幾つかあるように、自分の目的(ゴール)に辿り着くためのルートも多くの場合1つではありません。険しいけれど近道のルートもあれば、平坦だけれども遠回りのルートもあると思います。どんなルートを選んでも構いませんし、時にはトラブルにも遭遇するかもしれません。それでも自分のゴールに着くことをあきらめずに前に進んで行けば(1つ1つの過程をこなして行けば)いつかゴールに辿り着きます。そのことを忘れずに、今目の前に見えている壁を乗り越えるための行動を起こしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA